酒と鮓 梅軒(バイケン)

武蔵小山の鮓(すし)割烹と日本酒の店です【住所】目黒区目黒本町5-16-3☎03-5708-5542 水曜定休

今日はアラカルト&明日はお休み

今日はスゴイ暑いですね。台風一過ってヤツですか。子供の頃は台風一家だと思ってました。

さて、明日19日(火)は臨時休業いただきます(むしろ魚がないからナイスタイミング)

そして、本日の夜の営業はアラカルトのみとなります。恐れ入りますが、ご理解ください。

 

 

f:id:sushibaiken:20170918160605j:image

↑あん肝さんざん握りで試したものの、やっぱり細巻きにするとまとまるという…

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

台風18号来るね

f:id:sushibaiken:20170917132017j:image

 台風18号が九州に上陸したみたいですね。

これから夜中にかけて西日本から東日本へ抜けるみたいです。

みなさん、夜に出かける際には雨風に気をつけてください。

 

これだけ強い台風が日本列島をなぞるように進むと、海はガッツリとシケます。

休み明けの19日の築地は物も少なく高い相場になりますな~(汗)

 ちなみに上の進路予想図は沖縄でよく見ていたハワイの米軍のものです。時差を読み取らないとダメですが、結構信憑性あります。

 

  酒と鮓 梅軒

広告を非表示にする

鮟肝の握り(試作)

f:id:sushibaiken:20170915115900j:image

今日はバタバタしていてUPがこの時間になってしまいました(汗)

あん肝の握りの試作です。

軍艦巻にしてあん肝がのってるのって廻るお寿司屋さんなどで見かけますが、これは握りにしてます。

あん肝をのせ握ったあと、サッと蒸し器で温めて甘辛のツメをかけました。

温めた方が肝の香りとトロッととろける食感がいい感じです。シンプルに葱などのせずに生姜でいこうと思います。実は葱ものせてみましたが香りが強すぎて邪魔でした。

酢橘を1滴たらしてもいいかな~と思いつつ、まだまだお客さんの反応を見ながら作っています。食べた方、是非ご意見くださいまし。

   酒と鮓 梅軒

 

 

広告を非表示にする

タコス巻(遊びです)

f:id:sushibaiken:20170911115249j:image

まかないで沖縄タコライスを作った勢いにのり、お遊びで鮓にしてみました。

タコライスはタコスの具をごはんの上にのせた沖縄の郷土料理みたいなものです。

写真撮り忘れたけど、握りもつくりました。メチャクチャ握りにくかったけど。

なので、細巻きに。

チーズとかのせちゃうともうカリフォルニア感満載で、外国の人にウケそうな味(笑)

しかし不思議なもんで、細巻きにしたとたん味がまとまりますな。ちょっとだけカリフォルニア巻きとかが外国で流行るのが分かる気がしました。

注:店で出してるわけではありませんw

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

「日本全国食べ歩かない」第五歩 「栃木県 開華」

f:id:sushibaiken:20170902195506j:image

「日本全国食べ歩かない」の第五歩目は「栃木県 開華」に決まりました。

開華の蔵元、第一酒造さんは栃木県佐野市にあり、開業340年という栃木県内最古の老舗蔵です。340年前というと4代目将軍・徳川家綱の時代だそうです。

今ではいろんな蔵元さんがやっている農家(自社での米造り)と酒造りを開業当初からやられているそうで、特定名称酒吟醸や純米など)が100%というこだわりの蔵元さんです。

そんな第一酒造さんに昨年から付き合いの長い後輩の相良くんが入りました。

相良くんは元は下高井戸の有名居酒屋「おふろ」さんで学生の頃バイトしていて、その時に知り合いました。かれこれ20年以上です。当時はおふろのオーナーなんかと一緒に呑んだら、相良くんはいじられキャラでした(笑)

今回はその相良くんが会に来てくれます。

そして栃木の郷土料理の代表格「しもつかれ」も作りますよ。好き嫌いのある料理ですが、是非ご賞味を。

 

「日本全国食べ歩かない」 第五歩

 栃木県 開華

 11/18(土)18:00~

 会費1万円(税込・現金払い)

 日本酒開華呑み放題+栃木県の郷土料理フルコース

 梅軒カウンター8席のみの少数限定の酒の会です

 

今回はブログ告知が早い分、まだお席の空きがあります。

またこのイベントの会費は振込か現金でのお支払いを前もってお願いしています。

お支払いが完了次第のご予約受付完了となりますので、お手数ですがよろしくお願いいたします。ご予約はお早目に。

年内の「日本全国食べ歩かない」のイベントはここまでの予定です。

年明けの予定は決まり次第また告知いたします。

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

金継ぎに初挑戦

f:id:sushibaiken:20170911191554p:image

前々からやってみようと思っていた金継ぎに挑戦してみました。中々難しいですが、工作好きなのでこういう作業は楽しいです。金をまくタイミングが難しいですね。

 

初めてなので結構時間がかかりましたが、日本独自の文化である【うるし】の作業ができて勉強になりました。海外ではうるしのことを【Japan】と呼ぶそうです。世界的にみても日本独特の珍しい技法なのだと思われます。

面白いのは漆を乾かすのに湿度がないといけないということ。乾燥している方が乾きそうなものだけど違うんですね。

 

あと、これから金継ぎをやってみようという方に、これは僕の判断ですが必要なものは「生うるし、弁柄うるし、金粉」この3つが特殊な物で、確実に仕入れなければできませんが、筆などは100均のでも大丈夫そうでしたよ(漆を塗る用の細い筆と、真綿の代わりに金をまく用の平たい筆と2種類使いました)。後は僕は割箸の先を削ってヘラ代わりで使ったり、テレピン油の代わりをサラダ油を使ったりと、その辺のもので賄ってもできました。あくまで僕の判断なので、ご参考までに。

 

今回写真にはないですが、全部で10客ほど直しました。「買った方が早い」ような器もありましたが、直して使うことに金継ぎの意味があるように思います。

次回はもう少し上手くできるといいけど。

 

    酒と鮓  梅軒

 

 

広告を非表示にする

今年の梅干やっと完成

f:id:sushibaiken:20170910184934j:image

今年の分の梅干がやっと完成しました。

梅は本当は6月頃につけて7月の土用の日に3日間くらい天日干しするんですが、今年は土用に干せず、8月に入ったら雨ばかりで結局こんな時期になってしまいました。

 

今年は春の寒さと5・6月の雨不足で和歌山の南高梅が手に入りませんでした。近年まれにみる不作の年だそうで。しかも大手さんがリキュール・梅酒や加工用にガッツリ持っていってしまい、出来も小粒なものが多く築地でもほんの1~2週間ほどで終わってしまいました。例年よりも1ヶ月は早くなくなってしまい、今回は小田原の青梅で漬けました。南高梅よりも酸味があります。

 

最近は甘い梅干が多いので、店で使うのはちゃんと塩分のきいたヤツをいつも仕込んでいます。どうも行き過ぎた減塩商品は好きになれないです。

この梅干を叩いた梅肉でガリと一緒に細巻きにすると、いい酒のアテになるんですよ。

 

  酒と鮓 梅軒