酒と鮓 梅軒(バイケン)

武蔵小山の鮓(すし)割烹と日本酒の店です【住所】目黒区目黒本町5-16-3☎03-5708-5542 水曜定休

お休みのお知らせ

f:id:sushibaiken:20171118134141p:image 

本日18日の夜の営業は「日本全国食べ歩かない」のイベントのため、貸切です。

栃木県は「開華」さんです。

そして11/23(木)の祝日、都合によりお休みさせていただきます

よろしくお願いいたします。

  酒と鮓 梅軒

 

 

広告を非表示にする

【冬限定】蟹づくし+鮓のコース始めました

f:id:sushibaiken:20171109183633j:image

今週から勢子蟹(香箱蟹)の漁も解禁になりましたので、冬限定の蟹づくしのコースはじめます。

コース内容は…

先付 たらば蟹酢

割鮮 本ずわい蟹湯引き刺

吸物 蟹のかき玉汁

焼物 勢子蟹甲羅焼

鮓  約10貫

留椀 渡り蟹味噌汁

香の物

…で¥8,000(税抜)です。前日までのご予約でお願いします。

 

写真は焼物の甲羅焼の兵庫県香住産の勢子蟹です。まだ漁が始まったばかりなので、外子よりも内子がたくさん入っています。ほぐした蟹の身の上に、外子、内子、蟹みそをのせ、サッと焼いてお出しします。コイツで燗酒で一杯なんてオツですな。

ご予約お待ちしております。

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

 

年末年始にいかがですか?笹乃葉鮓承ります

f:id:sushibaiken:20171013183111j:image

なんだかあっという間に11月ですね。

年末年始のお節と一緒に、帰省の際の手土産に笹の葉鮓はいかかでしょうか?

6寸の木箱に入った笹の葉にくるまれた5種類の鮓(真鯛×4貫、小鰭×4貫、煮穴子×4貫、海老×4貫、〆鯖×4貫)全20貫に太巻き鮓1本(鮪、真鯛、海老、玉子、煮穴子、胡瓜、干瓢、桜でんぶ)です。

税込¥8,000です。ご予約時に店頭にて現金か、銀行振込にてお支払いください。

ご予約受付 12/19(火)まで。

お受渡しは12/31(日)の10:00~14:00梅軒店頭にてのお渡しを予定しています。

 上記以外のお受渡しのお時間や日にちをご希望の方はご相談ください。

またお嫌いな食材の変更等もご相談ください。

数に限りがありますので、定数になり次第締切らせていただきます。

海の状況で魚が変更になる場合がございます。

ご予約お待ちしております。

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

 

貸切個室あり〼

f:id:sushibaiken:20171102184415j:plain

2階の貸切個室のご案内です。

当店の2階は貸切の個室がひとつだけあります。人数は普通に座って8名様。仲間内で詰めて座れば10名様までは座れます。トイレも2階にございますので、他のお客様と会うことが全くないので完全にお忍びの貸切のお部屋になります。

これからの宴会シーズンにいかがでしょうか?

2階個室はコース料理でのご案内となります。ご希望あれば鍋などのコース(フグやカニや自慢の鶏白鍋など)もできます。お電話でご予約時にご相談ください。

その他、お酒の持ち込みやケーキの持ち込みなどもご相談ください。

ご予約お待ちしております。

 

   酒と鮓 梅軒

 

 

 

広告を非表示にする

疣鯛(イボダイ)

f:id:sushibaiken:20171027080107j:image

疣鯛です。関東近辺ではエボ鯛と呼ばれています。今や高級干物の代表でもありますが、鮮度のよいエボダイは刺身でもイケます。

脂の多い魚ですので酢〆にしています。

疣鯛の言われは、エラの後ろにある黒い斑点がお灸をすえた痕のようなことから、この名がついたと言われています。

 

 

f:id:sushibaiken:20171027191152j:image

刺身だと独特の香りとクセがありますが、嫌な感じのものではないのでむしろこれが旨味となります。薬味は山葵でも美味しいですが、芥子も捨てがたいですね。

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

 

広告を非表示にする

針魚(サヨリ)

f:id:sushibaiken:20171027080030j:image

サヨリです。漢字で書くと細魚とか針魚とか鱵とか書きます。ま、ほぼ見た目から付いてる当て字ですね。

春頃に産卵期をむかえるので秋~冬が旬だといわれます。海面スレスレを群れをなして泳いでいます。冬場の釣りの対象魚でもありますね。

 

 

f:id:sushibaiken:20171027191226j:image

身質はしっかりとしていて透き通った白身で、上品な味わいです。刺身や酢〆も美味しいですが、丸干しや塩焼などもなかなか味わい深く酒のアテには最高です。天ぷらもいいですね。

サヨリの大型のものはカンヌキ(閂)と呼ばれ、かなりの高値で取引されています。カンヌキともなると肉厚で脂ものりメチャクチャ旨いです。

 

 

f:id:sushibaiken:20171027080041j:image

見た目の綺麗な感じと違って、↑ごらんのとおり腹を割ると真っ黒です。「サヨリみたいに腹黒い」などと揶揄して使われたりするそうですが、実際はあまり聞いたことはないですね(笑)

 

  酒と鮓 梅軒

 

 

広告を非表示にする

筋子(すじこ)

f:id:sushibaiken:20171027191246j:image

筋子の握りです。昨日もニュースでやっていましたが、今年は鮭が不漁で筋子(イクラも含め)べらぼうに高値です(泣)このままいけば年末あたりにはスゴイ値段になることでしょう。

軍艦巻にもしますが、今回は筋子を広げて皮付きのまま醤油漬けにして握りに。海苔がない分、筋子本来の香りが立って美味しいです。

筋子とイクラの違いですが、元々は筋子=未成熟卵とイクラ=成熟卵の違いでした。ようは筋子は鮭のおなかの中で卵になってすぐの状態、それから成長してもう産まれるよ~くらいになったものがイクラでした(鮭のおなかを押したらプルプルッと卵が出てくる状態)。

ですが、あまり成熟したイクラは薄皮がかたくなってしまうので、今ではほとんどがちょっと育った筋子をほぐしたものをイクラと呼んでいます。あまりにも未熟な筋子は薄皮が柔らかすぎてほぐす時に潰れてしますのでイクラにはできません。そういう筋子はそのまま醤油漬けや塩漬けにされます。

鮭以外でも鱒の卵も筋子と呼ばれますが、だいたいは区別するために鱒子と呼ばれることのが多いですね。

ちなみ雑学ですが、有名なお話ですがイクラの語源はロシア語です。ロシア語の魚の卵=イクラと呼ぶそうで、そこからこの名がついたそうです。

 

  酒と鮓 梅軒

 

広告を非表示にする